松井建築研究所                    
MATSUI ARCHITECTURE OFFICE                   

3.民家再生−新柱

比較的細く、欠損の多い柱の差替え

立派な屋根を支える太い小屋組に対し、既存柱は比較的に細く、貫穴やホゾ穴などの欠損も多かった。耐震壁によって補強された柱はよいが、特に独立柱の場合は新しく太い丈夫な柱に差替えを行った。下部は石場置き、上部は何本もの梁組みなどに組み込まなければならない。現在の金物に頼った納め方とは比べものにならない程の大工の高い技術が必要とされる。又、建物は長きに渡って傾きねじれが生じ、水平垂直を取るのも苦労するところである。今回は腕の良い大工諸氏に恵まれ、普段見られない妙技を見せてもらうこととなった。

現場での刻み

daiku1.jpg
現場で既存寸法に合わせながら刻みを行う

既存の細い柱を取る

hasira4.jpg
支え棒を設置し、既存の細い柱を取っていく

7寸角の新柱の建込み

daiku3.jpg

新柱を既存基礎石に設置

hasira3.jpg
下げ降りで何回も垂直を確認し、昔の基礎石にしっかり載せる。

新柱の上部

hasira2.jpg
上部はあらゆる方向から部材がホゾ継手で入り込んでくる。大工の腕の見せ場である。

新しい7寸角の柱

hasira1.jpg
太い新柱がしっかりと納まった。無垢の柱は無塗装とし、時間と共に新柱の色も自然な古色となって馴染んでくる。

4.民家再生−小屋組

力強い梁組を積極的に生かす

大きな屋根を支えている古民家の小屋組は、土間以外の場所では、天井を低く張っているのが通常である。
民家再生に当たり、このダイナミックで高さを持っている小屋組を全面的に生かし、大空間を形成すべく、断熱材を垂木下に充填し、その下に天井板を張り大天井とした。
一方寝室、子供室などの個室は、二重に低く天井を張り、落着いた空間とした。

再生前の小屋組の様子

koyagumi1.jpg
100年ものホコリをかぶった天井裏の梁を調査する。太鼓落しになった丸太や部分的には古材を利用している箇所も多く見られる。

再生前の小屋組の様子

koyagumi2.jpg
何重にも積み上げられた梁の下に、当時の土壁が残されている。

解体時の小屋組

koyagumi3.jpg
まず100年のホコリを払い、釘などを取る「洗い」という作業に5人の職人が2週間みっちりかかった。

天井裏の断熱材

koyagumi4.jpg

小屋組を全て大空間に生かすため、垂木下に断熱材を密に充填する。

新しい7寸柱で支える

koyagumi6.jpg

壁に見える化粧垂木、出し桁を支える梁などが見える。部材1本1本に構造的意味がある。

小屋組の上の新しい天井

koyagumi5.jpg

何本もの梁や束をさけて張っていく天井張りが大工さんの最も大変な仕事となった。

新しい玄関ホール

koyagumi7.jpg
昔土間であった所を玄関にした。囲炉裏の灰でいぶされた黒光する太い丸太梁が見える。

新しい空間の誕生

okitu8.jpg
幾重にも組まれた丸太の小屋組を現し、モダンな家具との構成で新しい空間が誕生した。

新しい空間の誕生

okitu6.jpg
キッチン、ダイニング、リビングを大天井で覆う。古い民家再生の醍醐味である。

工事現場の見学会

kengaku1.jpg
床下地が張られ、小屋組が姿を現した時、古民家好きの方々の見学会が開催された。

見学会の様子

kengaku2.jpg
渡辺棟梁が、小屋組の幾重もの梁の構造的意味を1本1本説明してくれた。

見学会の様子

kengaku3.jpg
東京から、地元から、近所の方々が集まった。